京都 木の家ネットワーク

会員専用ページ

協会とは? ABOUT

地域にあるものを循環的に活用することが、
すまい手・つくり手・環境のいずれにとっても望ましいと考える京都 木の家ネットワーク。
京都木の家ネットワークでは、
京都の木の家づくりに関わるつくり手たちをネットワークのメンバーとして登録しています。
登録されているメンバーは、森林所有者、木材生産者、
製材業者、設計事務所、工務店、建具店などと連携し、
森づくりから家づくりまでに関わる、多彩な分野の第一線で活躍しています。
豊富な経験と知識、確かな技術で、住まい手の思いを形にします。

国からの情報をいち早く工務店にお伝えします

一国が住宅の長寿化と中古市場の活性化を促進するということで「住生活基本法」が2006年に公布されました。
私たちは、国策や補助金の制度などの情報をいち早く収集し、わかりやすく情報を会員工務店に提供しております。国策に沿った事業実施、業務支援、技術支援で地域の工務店を全力でサポートしております。

住生活基本計画(全国計画)の概要平成23年度~平成32年度の10年間を計画期間とする
新たな全国計画が閣議決定されました

安全・安心で豊かな住生活を支える生活環境の構築
住生活の安全を確保する住宅及び居住環境の整備
住生活の安心を支えるサービスが提供される環境の整備
低炭素社会に向けた住まいと住まい方の提案
住宅の適正な管理及び再生
住宅を長く大切に使う社会の実現
多様な居住ニーズが適切に実現される住宅市場の環境整備
将来にわたり活用される良質なストックの形成
住宅の確保に特に配慮を要する者の居住の安定の確保
高齢者への配慮

様々な補助金制度

  • 地域型住宅グリーン化事業
  • スマートウェルネス住宅等推進モデル事業
  • 長期優良住宅化リフォーム推進事業
  • 住宅省エネリノベーション促進事業 など

京都 木の家ネットワークの活動

  • セミナーの開催
  • 各種申請などのサポート業務
  • イベントの開催
  • ホームページによる情報発信

一般社団法人JBN(全国工務店協会)との連携

当協会は一般社団法人JBNの連携団体として位置づけられ、国土交通省や林野庁などの住居に関する国策を地域の優良工務店に伝え、お施主様に有益な情報をご提供しております。

講習会のご案内

JBN大工育成研修
1980年から2010年の間に大工の人数は約50万人へとほぼ半減。若手大工職人の育成が業界の急務とされています。
JBN省令準耐火構造および木造住宅防耐火・JBN仕様利用講習会
2014年6月にJBN省令準耐火仕様が改訂されたため、改定内容の案内や、仕様を順守すると火災保険の割引対象になる等のメリットもご説明
JBN耐震診断改修施工指導者講習会
耐震診断から補強改修までを一貫した責任のもとに受注できる地域工務店の拡充は、地域の消費者ニーズに応えることでもあり、住まいの価値向上につながる改修工事にもつながるきっかけになります。
長期優良住宅壁量計算の実務研修会
建築基準法で求められている壁量のチェック方法と基本的な考え方は同じですが、等級2以上では、準耐力壁(準耐力壁、垂れ壁、腰壁)も評価の対象になります。

国からの政策や補助金制度を厚くサポート

地域型住宅グリーン化事業
地域経済の活性化及び持続的発展、地域の住文化の継承及び街並みの整備、木材自給率の向上による森林・林業の再生等に寄与することを目的とした事業です。

地域工務店間の情報交流

わくわくするイベントを企画。地域工務店の社長による気になる独自の経営方法等、赤裸々に語っていただくセミナーを開催します。
先進工務店の視察研修。全国各地の進んだ工務店へ訪問しノウハウを学びます。視察後は懇親会の実施し、地域工務店間の親睦も深まります。

会則・平成29年度事業計画・役員紹介